2022年度 第1回研究会 【 TALK TIME】

日 時:2022年4月23日(土) 17:15 – 19:00
会 場:オンラインZOOM開催      

テーマ:「英語教育 情報交換会」
【概 要】
TALK内容:
1人当たり10−15分ぐらいで英語教育に関する「オススメ図書」について, ざっくばらんに紹介プレゼンをしていきます。発表は必須ではなく発表を聞くだけの参加だけで大歓迎です。


発表者後記
おすすめ図書:佐藤雅昭. (2013). 『流れがわかる英語プレゼンテーション』
英語プレゼンテーションへの不安を軽減させてくれる一冊。「黄金の7行ルール」など英語スライドを作る際のコツは必見です。【肥田和樹】

おすすめ図書:『小学校英語指導者のポートフォリオ』J-POSTLエレメンタリー教職課程における活用実践』 http://www.waseda.jp/assoc-jacetenedu/J-POSTLE_KyoshokuKatsuyo.pdf 私が編集者の一人となり、科研費を使ってweb上での掲載と印刷を行いました。当日は、教職課程における小学校外国語指導法で目指す理想とその現状をごく簡単にお話しました。安田さんから「校務分掌などにも英語教師のやりがいがあるのではないか」とコメントを頂きまして、教職課程履修生にそのような視点でも折に触れる必要性を感じました。【山口 高領】

おすすめ図書:H・リン・エリクソン, レイチェル・フレンチ, ロイス・A・ラニング(2020).『思考する教室をつくる概念型カリキュラムの理論と実践―不確実な時代を生き抜く力』
国際バカロレアの教育手法の中核となっている「概念型学習」の理論と具体的な「概念型カリキュラム」に基づく授業計画, 単元設計や評価方法を学ぶことのできる教科書的な1冊。
教科内容を教えるとともに, 学習者の批判的, 創造的, 概念的思考力を涵養するための指針を示す1冊だと思います。【安田明弘】

おすすめ図書:David Crystal. 2017. Making Sense — The Glamorous Story of English Grammar. PROFILE BOOKS LTD.
David Crystal のsense of humor が魅力的な、読んでいて楽しい本です。英語史と(たぶんお子さんの)小さなSuzieの文法習得の経過の物語や、英国の学校での文法指導の変遷をたどりつつ、”Clarity and weight”, “Clarity and order”やsemantics, pragmatics, style等が文法と密接に魅力的に関わっていることを語ってくれています。翻訳書(下記)が『英語教育』で紹介されていて知った本です。
デイヴィッド・クリスタル著、伊藤盡・藤井香子訳『英文法には「意味」がある』大修館書店. 2020年【望月眞帆】


2022年度   第2回研究会 【 講演】

日 時:2022年5月21日(土) 17:15 – 19:00

会 場:オンラインZOOM開催

発表者:湯舟 英一 氏(東洋大学)

テーマ:『TOEIC 公式eラーニング 基礎編 L&R』と大学生向け読解ストラテジーテキストの開発

講演言語:日本語

司 会:山口 高嶺 氏(秀明大学)

【概 要】
 『TOEIC 公式eラーニング 基礎編 Listening & Reading』(IIBCより2021年10月19

日発売)は、テスト開発機関のETSが本番のテスト制作と同じプロセスで作成した問題
(公式問題)を搭載し、言語習得の土台となる基礎学習スキルを動画形式で紹介したの
ち、鍵付きのレッスン構成で、<例題を解く→例題解説(動画講義)→問題演習>のラ
ーニングパスを経て、TOEIC L&Rのパートごとに基礎スキルを学びます。また、初中
級者の動機付けを促進する仕掛けとして、進捗に応じて獲得できる5種のアチーブメン
トメダル、スキマ時間用の学習コンテンツや、学習進捗を可視化できる仕組みを導入し
ています。また管理者機能でも、学習者の進捗をグラフや表で確認でき、学習を促す自
動送信メール機能を搭載しています。 発表では、この教材の中心的トレーニングであ
る「チャンク・イメージング」や「チャンク音読」の概要や学習理論背景、2021年度秋
学期に導入した授業でのTOEICスコアや読解速度の事前事後効果測定などについても触
れたいと思います。
 一方、時間に余裕があれば、今年2月に刊行した大学生向け英語読解ストラテジー教
材について簡単にご紹介できればと思います。この教材は、パラグラフレベルでの7つ
の読解ストラテジーと6つのパラグラフ構造パターンの理解に基づいて、グローバル情
報社会に関する話題の短いパッセージを読む演習を通して、「読む」スキルを中心に「
聞く」「話す」「書く」のスキルを統合的に習得することを目的とした大学生向け英語
教材です。他教材との差別化ポイントや教材開発の最近のトレンドなどについてもお話
できれば幸いです。


【司会者後記】

オンライン教材『TOEIC 公式eラーニング 基礎編 Listening & Reading』のお話を通じて、緻密に設計された様々な工夫を感じました。その一つは、 問題演習に進むためには、  動画解説を視聴することが求められるというもので、まるでロールプレイングゲームをしているかのようでした。また、全文ディクテーションではなく、部分ディクテーション課題を多く実装している点にも、このオンライン教材の良さがあると感じました。言語音声からイメージ化を促し、自動化までを求めるという方針にも強く共感しました。私は、英語音声のあとにイラストや写真をふんだんにとりいれるともっとよいのではと質問をしたところ、通信回線の現状ではなかなか難しいが、5Gの時代が到来すればそうしたタスクも可能になるかもしれないとのことでした。このように、今回のお話は、オンライン教材の仕掛けを具体的に学びましたが、これは従来型の対面授業にもすぐに取り入れられるものが多いという感想を持ちました。目標を示しつつも今ある課題を攻略すれば、次のコンテンツがunlockされるということは、学習者に満足感と達成感を持たせる対面授業での配慮に通じるものがあります。全文ディクテーションは時間がかかり、学習ターゲットがぼやける可能性がありますが、部分ディクテーションであれば、効率よく授業が進みます。音声を聞かせて、その内容のイメージに近いものを選ばせるというタスクは、パワーポイントなどを使えば授業が活性化するはずです。参加者全員から意見をいただき、オンライン教材からオフライン教材・学習・指導を考えさせる貴重なTALKとなりました。
文責:山口高領


2022年度   第3回研究会 【 実践報告・研究発表 】

日 時:2022年6月25日(土) 17:15 – 19:00

会 場:オンラインZOOM開催

発表者:赤塚 祐哉 氏(早稲田大学 本庄高等学院 ・情報教育研究所)

                    安田 明弘 氏(武蔵高等学校中学校)

テーマ:『国際バカロレア(IB)の教育諸理論を適用した英語授業実践・教材開発とその評価』

講演言語:日本語


【概 要】


発表者は国際バカロレア(IB)で採用されている教育諸理論を適用した英語授業の実施と教材開発を行い、日本の高等学校・大学における英語教育の文脈で実施した場合に想定どおり機能するかどうかを検証してきた。IBプログラムの理念には、国際的視野の育成、批判的思考の育成、創造的な思考の育成等といった複数の方略の実現のために、様々な学習理論の融合により成り立っている(成田 2020)。赤塚ら(2022)では、『逆向き設計論』(Wiggins & McTighe 2005)と『概念型学習』(Erickson 2008)、ブルームら(Bloom et al, 1956, Anderson & Krathwohl 2001により改訂)による高次思考レベルの問い、そして『多重論理』(Paul 1987)に基づく対話型の学びといった4つの学習理論が、学習者の批判的思考を駆動する可能性を示した。本発表では(1)適用した学習理論の概説、(2)学習理論を適用して作成した英語教材の紹介、そして(3)教材の効果測定として行った学習者の批判的思考の深まりに関する研究を紹介する。


【司会者後記】Coming soon.