教師は研究し続けるべきであり、

  研究者は教育から離れずにいるべきである

田辺洋二(1933 – 2004, TALK初代会長)


TALKとは


早稲田大学教育学研究科英語教育専攻 田辺ゼミ・松坂ゼミで学んだ人を中心に、応用言語学、英語教育学に関心のある人が集まって、1994年に発足。現職の教員も多く、理論のみならず実践との関連も重視して活動している。月一度の研究会では、研究発表・実践報告・講演会・読書会等を開催し、8月には夏合宿を行っている。また、年一度発行の機関紙『Dialogue』では、査読つきの研究論文や実践報告を掲載している。


年会費について

今年度も継続をご希望の方は、以下の口座番号に会費をお振込みいただきますようお願い致します。
会計作業の都合上、誠に勝手ながら、会費納入の方法を振込のみとさせていただいております。
領収証が必要な方は、
領収書に記載する宛名・郵送先のご住所を明記していただいた上で、事務局までご連絡ください。
  • 年会費 3,000円
  • 口座番号
    • みずほ銀行 早稲田支店(店番号:068)
    • 普通口座 1769730
    • 田辺英語教育学研究会

12月のTALK

2022年度   第7回研究会 【 講演 】

日 時:2022年12月10日(土) 17:15 – 19:00

会 場:オンラインZOOM開催

発表者:木村 大輔(早稲田大学)

テーマ:Polysemy of the “E” : Perspectives from ELT, ELF, and Science Communication

司会者:肥田 和樹(早稲田大学)

講演言語:英語

【概 要】

In this talk, I explore the diverse conceptualizations of the “E” in ELT, drawing from my own previous research on English-medium study abroad in Thailand (Kimura, 2019), English as a lingua franca communication (Kimura, 2020, 2021), and interactions in microbiology research meetings (Kimura & Canagarajah, 2020). While the E obviously stands for English, learners, teachers, and other stakeholders orient to it in quite variable, and at times, conflicting manners. The term English today represents various images and values associated with domains such as Anglophone countries, British and American literature, entertainment, intercultural communication, and academic research. Conceivably, this “polysemy” of the E bears critical implications for ELT since misaligned orientations can give rise to tensions that may hinder learning/teaching. As such, the questions of “what is English” and “why we learn, teach, and research English?” are of heightened importance for us in the ELT profession. To facilitate discussions about this important issue, I present synopses of my previous studies and first-hand experiences as an English learner, teacher, and researcher to highlight the tensions between different conceptualizations of the E. It is hoped that this presentation will serve as a springboard for continued reflections in pursuing improved alignment of orientations among the stakeholders involved and in helping learners become globally competent users of English who can communicate their ideas effectively to diverse audiences.

Works cited

Kimura, D. (2019). “Seriously, I came here to study English”: A narrative case study of a Japanese exchange student in Thailand. Study Abroad Research in Second Language Acquisition and International Education, 4(1), 70-95.

Kimura, D. (2020). Enacting and expanding multilingual repertoires in a peer language tutorial: Routinized sequences as a vehicle for learning. Journal of Pragmatics, 169, 13-25.

Kimura, D. (2021). Cooperative accomplishment of multilingual language tutorial: An intercultural pragmatics study. The Modern Language Journal, 105(3), 655-678.

Kimura, D. & Canagarajah, S. (2020). Embodied semiotic resources in Research Group Meetings: How language competence is framed. Journal of Sociolinguistics, 24(5), 634-655.

【参加費】 会員…無料 / 非会員…初回は無料、2回目からは各回500円
(非会員で参加ご希望の方は事前に事務局までご連絡ください)

ご参加をご希望の方は以下のリンクから参加登録をお願いいたします。
登録頂いたメールアドレス宛に, 当日までにzoomのリンクをお送りさせて頂きます。
https://forms.gle/2Rdeo82Snf3MMyQM6
前日, 12月9日(金)までに参加登録をお願いいたします。

【問い合わせ】
TALK事務局
■事務局メール:office@talk-waseda.net
*事務に関するメールはこのアドレスにお願いいたします
【TALKホームページ】
https://talk-waseda.net/


11月のTALK

2022年度   第6回研究会 【 講演 】

日 時:2022年11月12日(土) 17:15 – 19:00

会 場:オンラインZOOM開催
   
発表者:片居木純太(栄光学園中学高等学校)

テーマ:符号付きメタ言語フィードバックを取り入れた高校での自由英作文指導: 理論と実践とその両立

講演言語:日本語

【概 要】

英作文指導の際、訂正フィードバックの与え方は多忙な教師を悩まします。本発表では、学習者および教師の両者に優しい訂正フィードバックとして「符号付きメタ言語フィードバック」をご紹介します。このフィードバック手法を取り入れつつ、「プロセスライティング」と「フォーカスオンフォーム」の考えを基にした私の授業計画と実際の授業実践をご紹介します。また、同フィードバックが学習者のメタ言語能力(明示的知識)と自由英作文の正確性(暗示的知識)に与える影響と、これら2変数間に存在する因果関係を調査した私の研究(「符号付きメタ言語フィードバックが高校生のメタ言語能力と自由英作文の正確性に与える影響」『第33回英検研究助成』)についてもご報告します。統制群を作らずに効果検証をする上で、私の教室環境と相性の良かった分析手法である「潜在曲線モデル」についても簡単にお話しします。英作文指導、第二言語習得、実践と研究の両立について一緒に考える機会となれば幸いです。

(ご参考)EIKEN BULLETIN vol.33 2021
https://www.eiken.or.jp/center_for_research/list_1X/33/

【参加費】 会員…無料 / 非会員…初回は無料、2回目からは各回500円
(非会員で参加ご希望の方は事前に事務局までご連絡ください)

ご参加をご希望の方は以下のリンクから参加登録をお願いいたします。
登録頂いたメールアドレス宛に, 当日までにzoomのリンクをお送りさせて頂きます。
https://forms.gle/2Rdeo82Snf3MMyQM6
前日, 11月11日(金)までに参加登録をお願いいたします。

【問い合わせ】
TALK事務局
■事務局メール:office@talk-waseda.net
*事務に関するメールはこのアドレスにお願いいたします
【TALKホームページ】
https://talk-waseda.net/


最新のDialogue

Dialogue No.20 (全文)

研究論文 浅利庸子 Yoko Asari
論文タイトル The Effects of Written Corrective Feedback on English Articles: The role of metalinguistic explanation

研究論文 杉内光成 Mitsunari Sugiuchi
論文タイトル 発音指導に焦点を当てた中学校英語教科書分析

実践報告 溝口悦子 Etsuko Mizoguchi
論文タイトル 「英字新聞の読み方」の独自教材開発:逆三角形型構成・見出しに着目して

実践報告 小林潤子 Junko Kobayashi
論文タイトル 英語遠隔授業に対する学習者の認識:大学における事例