教師は研究し続けるべきであり、

  研究者は教育から離れずにいるべきである

田辺洋二(1933 – 2004, TALK初代会長)



最新のTALK


2021年度第6回の例会開催のご案内になります。
10月のTALKの例会は, 修論発表会になります。修論完成に向けて, ぜひ皆さまから貴重なアドバイスを頂けますと幸いです。奮ってご参加お待ちしております。
ご参加をご希望の方は以下のリンクから参加登録をお願いいたします。
登録頂いたメールアドレス宛に, 当日までにzoomのリンクをお送りさせて頂きます。https://forms.gle/8gtniVsdpjVd2j4X6前日, 10月29日(金)までに参加登録をお願いいたします。 

2021年度   第6回研究会 【 研究発表】        

日 時:2021年10月30日(土) 17:15 – 18:15
会 場:オンラインZOOM開催      

発表者:Tan ZHOU 氏(早稲田大学大学院 教育研究科 英語教育専攻 修士1年)
テーマ:A learner-oriented probe in the students’ motivation development related to self-assessment
講演言語:英語


【概 要】
In recent years, Carless and other researchers started turning emphasis from the assessment’s certification function (e.g., the CEFR ranks the learners) to assessment’s learning promotion function. In Carless’ learning-oriented assessment (LoA) framework, the proper feedback is an important element for improving learning, the feedback here is also expected to function as the feedforward (Carless, 2007). The significance of motivation to second language learning has been supported for decades by many researchers especially Gardner (Gardner, 2003). And back to 1989, researcher like Sadler had already claimed that evaluative experience can help students better understand the tasks and criterions given by teacher (Sadler, 1989). With the learning-oriented perspective, this study tries to design an interpretation method which analyzes the adjectives in learners’ oral outcomes in the speaking assessment from three aspects: (1) the CEFR level of the word, (2) the definition of the word and (3) the inherent comparative meaning of the word. The interpretation based on learners’ oral outcomes is an attempt aroused by Carless’ LoA framework: the feedback functions as the feedforward. This attempt is supposed to be able to help learners to reflect on their oral outcomes individually and evoke their meta cognition and motivation on using more exact vocabulary in speaking by discerning words’ subtle meanings like the native speakers do. This study reviews the previous literatures and practices on the L2 speaking vocabulary instruction and acquisition strategies. In a further step, the study is going to survey ESL learners in Japan’s university about their attitudes and perception towards the vocabulary learning and instruction strategies they have experienced before and to see how their attitudes, motivation and perception will change after they learned the three-aspects interpretation method.

【参加費】 会員…無料 / 非会員…初回は無料、2回目からは各回500円
(非会員で参加ご希望の方は事前に事務局までご連絡ください)

【問い合わせ】
TALK事務局■事務局メール:office@talk-waseda.net

*事務に関するメールはこのアドレスにお願いいたします



最新のDialogue

Dialogue No.19 (全文)

研究論文   肥田 和樹  HIDA Kauki

「発表指導」に関する基礎調査:公立中学教員の場合

書評   杉内 光成  SUGIUCHI Mitsunari

Intelligibility, Oral Communication, and the Teaching of Pronunciation



TALKとは


早稲田大学教育学研究科英語教育専攻 田辺ゼミ・松坂ゼミで学んだ人を中心に、応用言語学、英語教育学に関心のある人が集まって、1994年に発足。現職の教員も多く、理論のみならず実践との関連も重視して活動している。月一度の研究会では、研究発表・実践報告・講演会・読書会等を開催し、8月には夏合宿を行っている。また、年一度発行の機関紙『Dialogue』では、査読つきの研究論文や実践報告を掲載している。