2021年度   第1回研究会 【講演 】

日 時:2021年4月24日(土) 17:15 – 19:00
会 場:オンラインZOOM開催      

発表者:阿野 幸一 氏(文教大学)
テーマ:小学校教科化を受けた中高の英語指導と新しい3観点評価

司 会:浅利 庸子 氏(早稲田大学)


【概要】

2020年度から小学校で教科としての外国語学習がスタートし、2021年度から中学校で、そして2022年度から高等学校で新学習指導要領が施行されます。中学校の教科書も大きく変わり、これまでの4観点の評価が3観点の評価へと変わります。小中高の連携をどのように考えたらいいか、そして、3観点の評価を英語指導にどう生かすかについてご提案させていただき、みなさまとよりよい英語指導と評価について考える機会となれば幸いです。

【参加者後記】

小学校において英語教育が教科としてスタートすることで、中学・高校がどのように対応すべきか、大変勉強になる素晴らしい時間であった。特に、中学・高校教員の役割として「中学教員は知識の整理+上書き」が必要で、「高校教員はこれまで学んだ知識を組み合わせて活用」できるように生徒への支援を行う必要性を改めて学ぶ機会となった。小学校での教科化を受け、中学・高校教員は「それまでの学習を引き継ぐ」イメージを持って指導する重要性が挙げられた。

評価項目がこれまでの4観点から3観点に変わることで、どのような活動が、どの観点に当てはまるのか、具体例を交えて解説していただいた。そしてなにより、評価は生徒の学習改善につながるように、教師の指導改善につながるように活用する必要性を学ぶ素晴らしい機会となった。


2021年度   第2回研究会 【 ワークショップ 】


日 時:2021年5月29日(土) 17:15 – 19:00

会 場:オンラインZOOM開催

発表者:久保 岳夫 氏(開成学園講師)

テーマ:英文朗読におけるイントネーションの明示的選択:『不思議の国のアリス』の冒頭部分を例に

司 会:浅利 庸子 氏(早稲田大学)


概 要】


英語学習において音読の重要性が高いことは言うまでもありませんが,多くの種類の英文構造や文脈に即応して音読するとなると,「練習量」や「慣れ」といった比較的明示性の乏しい量的な概念に委ねがちとなり,英文のどういった音声面,とりわけイントネーションに着目して音読すればいいのかという質的な概念は見過ごされがちになってしまいます。本発表では, O’Connor & Arnoldらによってまとめられたイントネーションシステムを概観しながら,Alice’s Adventures in Wonderland(邦題『不思議の国のアリス』)の冒頭部分を例に,英文構造のどういった部分に着目してイントネーションを選択すべきかを考えます。

【参加者後記】 

講演は、おおまかに3つの部分に分かれていた。第一に、J. D. O’Connor and G. F. Arnold, Intonation of Colloquial English, 2nd ed. (Longman, 1973)の枠組みにのっとり、イギリス英語のイントネーションに出現する「チューン」の各部分が紹介された。第二に、それらの部分が組み合わさっている典型的な「音調群」のうち、下降調に焦点が当たっている3種類が紹介された。第三に、『不思議の国のアリス』の冒頭部分を朗読するとすれば、どのようなイントネーションを使えばよいか、という考察が行われた。 

第一の、チューンの部分に関する説明においては、英語の文を言うときに行うべき6項目の事柄が列挙された。すなわち、英語を言う人は、(1)言うべき部分の音節数を数え、(2)強勢の位置を把握し、 (3) 核の位置を把握し、 (4)核音調を選択し、 (5)核の前にある音節(もしあれば)の言い方を考え、(6) 核の後ろにある音節(もしあれば)の言い方を考える必要がある。 

第二の、音調群に関する説明においては、(a)「高頭部(または階段頭部)+低下降調」、(b)「高頭部(または階段頭部、または高下降調)+高下降調」、(c) 「上昇頭部(または登頂頭部)+高下降調」のパターンが紹介された。 

このあと、話題は、第三の、具体的な文に具体的なイントネーションを当てはめる作業に移った。ここでは、第一の部分で挙げられた5種類の作業が必要になる。講演者は、『不思議の国のアリス』の冒頭の60語弱の英語を使い、これを3つの短い部分に分け、それぞれの部分をどのようなイントネーションで朗読すべきかを、練習問題形式で参加者に問いかけた。また、講演者なりの解答を紹介し、実際に音読を行った。 

以上列挙した各概念の詳細をここで述べるスペースはないが、講演を通して、(ア)イントネーションは分析可能であること、(イ)イントネーションは小さなパーツから成り立っており、パーツが組み合わさっていくつかの典型的なメロディーが出来上がっていること、(ウ)こうしたメロディーは、話者の気持ちを反映していること、(エ)メロディーの選択については、必ずしも正解がひとつあるわけではないこと、といった点が伝わったと思う。 音読指導は英語教育において広く行われているが、強勢の位置や区切りに焦点が当たることが多く、イントネーションが分析的にかつ詳細に扱われることはまれである。今回の講演は、音読指導に専門的な知見を取り入れる試みを示したものとして、非常に意義のあるものだった。この分野で重要な文献がカバーされた参考文献リストも提示され、有用な情報が豊かに提供された会となった。[文責:松坂ヒロシ]


2021年度   第3回研究会 【 講演・ワークショップ 】

日 時:2021年6月26日(土) 17:15 – 19:00
会 場:オンラインZOOM開催      

発表者:守屋 亮 氏(早稲田大学教育学部 助手)
テーマ:学習者の自律を促す英語学習アドバイジング:多様な形態のセッションに着目して
司 会:肥田 和樹 氏(早稲田大学教育学部 助手)


【概 要】
外国語学習は教室内で完結するものではなく、近年の学習機会や学習リソースの多様化に伴い、教室外での学習も重要性を増しています。本発表では「主体的な学び」を支える学習者オートノミーに着目し、それを育む実践例の1つである英語学習アドバイジングを取り上げます。英語学習アドバイジングはアドバイザーと学習者の協働的な対話による個別的なセッションが主ですが、教室内アドバイジングや文書アドバイジング、学習者同士によるピア・アドバイジングなど、常駐のアドバイザーが居なくても様々な形態でそれぞれの文脈に応じて取り入れられています。当日は学習者オートノミーや英語学習アドバイジングの研究を概観し、実際のセッション例やアドバイザーに求められるスキルなどについて紹介します。加えて、アドバイザー・トレーニングなどで扱われる複数のアクティビティーを通して、少しでもアドバイジングを体験してもらえたらと思います。実践のフィールドや学習者層はそれぞれ異なれども、参加者の方々と明日の実践へのヒントを一緒に考えていければ幸いです。

【司会者後記】

講演の前半では、過去の研究を概観することで、学習者オートノミーとアドバイジングについて紹介され、後半には実際に生徒・教員・観察者に分かれロールプレイを行なった。

学習者オートノミーは「自立」ではなく「自律」を示し、自分の学習に関する意思決定を自分自身で行うための能力であり、学習の目的や内容、学習のペースや場所などを自分で選べることである(青木&中田, 2011, p. 2)。さらに、自律的学習態度を育成するためには、学習者中心の教育が必要であり、その中で教員は学習者の必要に応じて支援をする立場である(津田, 2013, p.44)ことも紹介された。

言語学習アドバイジングとは、学習者との対話を重要視し「自己主導型学習」を促す支援活動である(黒田, 2016)。さらに、アドバイジングの必須3スキルとして、「承認:相手の存在を認め、問題点や解決策を一緒に考える」「傾聴:相手に共感しながら耳を傾け、相手の主張を捉える」「質問:相手に気づきを与え、対話を深める」が挙げられた。

実際のアドバイジングセッション例をもとに、アドバイザーの発言や学生の発言を分析し、使用されている言葉や相手の発言の引き出し方などを学んだ。そして、講演会の参加者がそれぞれアドバイザー、相談者、観察者の役割を演じながら、実際にアドバイジングセッションを体験した。

目まぐるしく変化する英語教育において、ポスト・コミュニカティブ・アプローチの1つであるアドバイジングを学び、実際に体験することで、これから自律した学習者を育成するためのヒントを学ぶことができ、有用な情報と体験がふんだんに盛り込まれた会となった。[文責:肥田和樹]


2021年度   第4回研究会 【 講演】

日 時:2021年7月17日(土) 17:15 – 19:00
会 場:オンラインZOOM開催      

発表者:宮原 万寿子 氏(元 国際基督教大学 リベラルアーツ英語課程 準教授, 及び同プログラム副主任)
テーマ:Narratives in Language Learning Research: Developing a Reflexive Framework (語学教育におけるナラテイブ分析 -リフレックシブなアプローチの導入)
講演言語:日本語
司 会:小林 潤子 氏(駒澤大学(非常勤講師))


【概 要】
Abstract:Despite the proliferation of narrative studies in the area of language learning research, methodological issues that emerge in the research process, particularly, ideas and practices relating to analyzing and reporting narrative data are areas that still warrant much discussion. Using data collected from a study that offers a unique perspective on the understanding of the process of L2-identity construction and development (Miyahara, 2015), this article argues the importance for researchers to develop and establish a space for critical and reflective thinking throughout all phases of the research process. The article concludes by presenting an analytical model for narrative studies that features reflexivity as its prime component

(ナラテイブの研究アプローチを使った語学教育の研究は近年,非常に増えている傾向にある。ただし,ナラテイブ研究における分析方法は必ずしも語学教育の分野では十分に追求されておらず,理論化がまたれる状態である。本稿では学習者のL2アイデンテイテイ構成を探った研究データを使用し,  reflexivity(再帰性)を柱にナラテイブの一つの分析方法を提案するものである。)


【講演者紹介】宮原万寿子Masuko Miyahara(元 国際基督教大学 リベラルアーツ英語課程 準教授、及び、同プログラム副主任)。3月2021年、同大学を定年退職し、現在は国際基督教大学、早稲田大学大学院で非常勤講師。 Institute of Education, University of Londonより修士号、博士号を取得。専門分野は英語教育。研究テーマはアイデンティティ、学習者ディベロップメント(学習者自律)、学習者の情意要因(emotions)。又、質的研究法、特にナラティブ アプローチを主な研究方法とし、これを通して研究参加者自身の「声」を追う研究方法に着目。ここ数年は教師教育、EMI(English as a Medium of Instructions)からの視点で多角的に研究に取り込んでいる(科研# 18K00842)。出版物は多数あるが、主な著書は Emerging Self-Identities and Emotions in Foreign Language Learning: A Narrative-Oriented Approach (2015). Multilingual Matters.

最近の研究手法に関する論文は(1)Miyahara, M. (2021). ‘Place-reflexivity’ as an imaginary kaleidoscope to explore methodological issues in ELF research’.  In Kumiko Murata (Ed.). ELF Research Methods and Approaches to Data and Analyses.  Oxon: Routledge, UK. pp. 221-240. や(2)Miyahara, M. (2020). Sampling: Problematizing the Issue. In J.Mckinley and H. Rose(eds). The Routledge Handbook of Research Methods in Applied Linguistics. London: Routledge pp.52-62 などがある。


2021年度TALK夏合宿@Zoom

8月22日(日)14時00分~18時05分


  • タイムスケジュール

14:05―14:45 山口高領

小学校教員志望教職課程履修生の外国語支援活動における授業力・指導力の学び

​​8/7の全国英語教育学会で発表した内容を踏まえ、テーマ分析を用いて、山口がとりまとめをしている上記の支援活動における担当学生の学びを報告します。

参考資料

『J-POSTLエレメンタリー』の紹介動画 http://www.waseda.jp/assoc-jacetenedu/JPOSTL_Elementary_Video.mp4

『J-POSTLエレメンタリー』 http://www.waseda.jp/assoc-jacetenedu/CompleteJPOSTLElementary.pdfを御

20年度全面実施の学習指導要領解説(外国語活動・外国語編)

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1387017_011.pdf

14:55―15:35  浅利庸子      

The Use of Formulaic Sequences and Perceived Fluency

I will report a study which examined whether EFL learners who are perceived to be fluent use a wider variety of formulaic sequences (FSs) than those who are not, and if so, what types of FSs are used by fluent speakers. A one-minute monologue was collected from 191 EFL learners, who were all university students in Japan. The monologues were then assessed by nine judges with regard to fluency using a five-point scale. The results revealed that the use of a wide variety of FSs can help L2 speakers come across as fluent speakers. On a closer observation, it was found that fluent speakers had a tendency to utilize discourse devices to organize their ideas and guide their listeners effectively. This may have played a part in producing coherent speech, which may be an essential factor in fluency.

15:45-16:25   望月真帆      

21年度2学期に10週間実施したいと考えているオンラインremedial courseの企画案をご紹介します。英語の基礎トレーニングが必要な有志生徒少数に夏休み中に試験的に実践し、英語面と継続支援の面でどのようなサポートが必要か考察しました。NHKラジオ英語講座を教材とした学習支援です。企画案や支援の視点(フィードバックの観点、学習継続を支援する声かけのあり方、教師の役割)にご意見いただければと思います。

16:35-17:15   根子雄一朗    

高校3年英語表現Ⅱにおける授業実践について発表します。当該科目では300語程度の説得型エッセイが書けるようになることを目標として、機械評価とピア評価を取り入れながらエッセイライティングの指導をしています。発表では授業実践と指導における今後の課題について共有します。授業改善に向けたフィードバックがいただければと思います。

17:25-18:05   小林潤子      

“Do you like Zoom lessons?—-What emotions do students have about the remote lessons in Japanese higher education, especially with English in the EFL context?–グランディド・セオリーについてと上記の内容のリサーチ・デザインを発表する予定です。ご意見をお願いします。